インターネットで申込めるカードローンが常識になってきましたが、それでも即日融資を受ける事ができるかどうかはネットだけでは完了しませんから別の問題になります。もちろん振込融資ができればネットだけで即日融資が完了するのですが、銀行の営業時間や銀行同士のしがらみがあり、必ずしも振込融資を受ける事ができるとは限りません。もちろん即日融資の受け方には2種類あり、

 

  • 振込融資による即日融資
  • 自動契約機での即日カード発行による即日融資

以上が即日融資が可能な手段になります。即日振込による即日融資でポイントとなるのは、

 

  • 振込融資の可能時間は何時まで?
  • 平日以外の振込融資は可能なの?
  • どの金融機関へも振込融資が可能なの?

以上をしっかりチェックしなければいけません。また自動契約機での即日カード発行による即日融資でのポイントは、

 

今いる場所から自動契約機までいけるところに設置されているのか?(たくさん設置されているのか?)


と言うところをチェックしておけば、いざ審査が通ってカード発行しに行く時に、

 

発行しにいける距離のところに自動契約機がないじゃん・・・


ということにはなりません。どちらの条件も編集部で調査したところプロミスが優秀です。なので即日融資なら無利息サービスもあるプロミスということになります。

編集部調査でピカイチの最短即日融資可能なカードローンのプロミス

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

    • WEB完結サービスが始まって郵送物なしで誰にもバレずに申込める。
    • 在籍確認の電話を別ので方法で確認する相談ができる
    • 初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があり初回の借入時にまるまる30日無利息。
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を登録する事により最短10秒で振込可能な瞬フリサービスがあり、即日振込も他社をリード。
    • ATM設置台数業界最高峰な上に三井住友ACMも使えるので最短即日カード発行できる設置台数は圧倒的。
    • パート・アルバイトの方も安定収入があれば申込可能。
    • 土日祝日・会社の休みの日でも最短即日融資可能。
    • おまとめローンとしても利用可能。

プロミスの即日融資が人気な訳

プロミスといえば、多くの利用者を抱える人気の消費者金融業者ですが、キャッシングの利用契約については、必ずしも店舗まで足を運ぶ必要はなく、インターネットからオンライン上で行うこともできます。プロミスの特徴は、最短で即日融資が可能というスピーディーな審査手続きにあるとプロミスの口コミでも言われています。

やはりプロミスの即日融資の人気の一番の理由はスピード

インターネットからキャッシングの利用を申し込む場合、プロミスで即日融資を受けるためにはいくつか条件がありますので注意が必要です。まず、条件のひとつといえるのが融資までの時間です。

プロミスでは、インターネット上であれば基本的に24時間申込を受け付けていますが、振込による即日融資が可能なのは、月曜日~金曜日までとなっています。そのうえ、契約を完了する時間帯もその日の14:50までに手続きが完了していることが条件となり、その時間帯以降に契約をした場合は、振込による即日融資は受けることができず、翌日以降の振込融資となります。

ここで注意したいのが、14:00までに「契約を完了している」という点です。14:00までに契約の申込をすれば良いというわけではなく、その時間までに契約が完了していなければ、振込による即日融資を受けることができないということに注意してください。そのため、プロミスで即日融資を受ける場合のポイントとしては、まず必要書類をあらかじめ用意しておくことが大切です。プロミスの契約についての必要書類としては、

 

  • 運転免許証などの身分証明書
  • 給与明細や源泉徴収票などの収入証明書(希望金額が50万円以下の場合不要)

などです。収入証明書については、借入希望額が50万円を超えなければ必要ありませんが、それ以上の融資を希望される場合は忘れずに用意しておきましょう。必要書類の提出は、FAXでも行えますがスキャナなどでスキャンするか、デジカメで撮影してあらかじめデータ化しておくと手続きもスムーズに行えます。

インターネットで申し込む場合には、住所や氏名などの個人情報の他、借入金を振り込んでもらう銀行口座も指定する必要があります。契約が完了していても、その金融機関の営業時間を過ぎてしまっていると借入金がその日のうちに振り込まれない場合もありますので、申込はできるだけ早くしておくと良いでしょう。

振込による即日融資の可能時間を過ぎても瞬時に振込融資可能な瞬フリ

プロミスでは24時間365日振込融資可能瞬フリといいうサービスがあります。瞬フリとはプロミスの振込融資サービスで、

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの口座であれば、プロミスの会員サイトから登録する事で利用が可能になります。もちろん振り込み手数料0円ですし、振込による即日融資の可能時間を過ぎても契約完了して口座登録すれば、時間・曜日関係なしに振込融資可能なので、これもプロミスの人気サービスの一つとなっています。

契約さえ完了すれば営業時間内ならその日の内にカード発行可能な自動契約機が業界最多

プロミスは店舗(お客様サービスプラザ)・自動契約機を他と比較した場合、店舗に関しては営業時間が※10:00から18:00、自動契約機に関しては※9:00から22:00までの営業時間となっています。

他業者の店舗営業時間は9:30から18:00までとなっている場合が多いため、営業開始時間に関しては他の業者のほうが多少早い営業開始といえます。また、無人契約機に関しても他の無人契約機は8:00から22:00の営業となっているのに対し、

業者名 店舗数 無人契約機数 無人契約機稼動時間
プロミス 18 1,700 ※9:00-22:00
アコム 39 1,109 8:00~22:00
アイフル 25 765 8:00~22:00
SMBCモビット 303 9:00-21:00

※店舗により営業時間・休日が異なります。データは平成17年1月現在です。

プロミスの無人契約機の営業は1時間短い営業時間になります。無人契約機台数が最多なのにはプロミスが即日融資に特化している姿勢が読み取れますが一方で他業者よりも短い稼動時間なのはネット申込みの需要が他業者よりも多い事が伺えしれます。

コスト削減による即日対応サービスの充実化

 

プロミスは他業者の無人契約機の稼動時間よりも短いなぁ・・・


プロミスの場合、無人契約機の数が非常に多いため、店舗での契約よりもむしろ無人契約機での契約者数のほうが多いといえますし、他社よりも営業開始時間が1時間遅いのは早朝はネット申込みの利便性を推奨している部分もあります。

 

早朝の利用は少ない為にコスト削減しています。その代わり他業者よりもネット申込みの即日対応を充実させています。


もちろん窓口での契約に関しても決して手を抜いているわけではなく、窓口によっては土日の営業を行っている窓口もありますし、20時までの営業を行っている窓口も存在しています。このような窓口の形態に関しては、

 

その窓口がどこに設置されているかで営業日や営業時間を変化させています


から、無人契約機で契約するのが不安な人は土日でも営業している窓口で相談をしたり、仕事帰りにでも立ち寄れる窓口の利用を行いたい人向けに遅くまで開店している窓口をあえて作っているといえます。

プロミスの即日融資に重要な影響を与える在籍確認はどのようなものなのか?

プロミスのカードローンに申し込んだ場合、他社同様に必ず在籍確認が必要になります。これは記載した勤務先にきちんと勤務しているかどうかをプロミス側が確認するために必要な確認で、記載内容に虚偽が無いかどうかを確かめるために行われるものだと言えます。

在籍確認を行わないまま契約をしてしまった場合、実際は申込時に申告された勤務先に現在は在職していないということもありえますので、カードローン業者としては必ず在籍確認を行い、勤務していて安定した収入があるということを確認するのも在籍確認で行われるチェックとなります。

 

プロミスに申し込みを行うと審査を経て、仮審査結果が可となればプロミスから申込内容の確認の電話が掛かってきます。その後本人の了承を得て勤務先に在籍確認の電話が掛かる事になります。


この確認作業が完了しないことには契約できませんし、もちろん融資も不可能ですから

 

この在籍確認を完了させるという事は即日融資に重要な影響を与えるといっても過言ではありません。


会社に電話が掛かるといってもプロミスと名乗ることはなく、個人名で電話を掛けてくれますから、プロミスの利用が会社にバレる心配はないと言えます。しかしどうしても電話だとばれる不安がある場合には、

 

プロミスに相談して事情を説明することで、電話ではなく他の方法で在籍確認を行うことも可能になっています。


この方法の場合別の方法がが在籍の証明となるため、勤務先に電話が掛かってくることを回避することも可能な場合もあります。他の消費者金融ではこのようなサービスは展開していませんから、プロミスだけの特別な在籍確認方法だといっても良いでしょう。これを上手く利用すると、

 

土日の申し込みで会社が休みの場合でも、在籍を証明できる別の方法で在籍確認が可能


になりますから、土日祝日でもプロミスの契約をその日のうちに行うことが可能になります。これは即日融資を希望する方にとって有利なサービスとなり、他業者を寄せ付けないサービスとも言えます。

通常電話確認での在籍確認の場合は、勤務する企業と連絡が取れない場合企業が営業を再開する営業日まで審査が伸びることになるわけですが、プロミスの場合書類での在籍確認が可能なため、他社のように審査が伸びることも無いと言うわけです。別の方法での在籍確認は本来、

 

  • 電話連絡が出来ない場合
  • 電話での確認が都合が悪い場合

の為にはじめられたサービスですが、現在では会社への在籍確認の電話が困る方の為の相談も受け付けてくれます。

プロミスと銀行カードローンの即日融資と審査の違い

銀行カードローンの即日融資と審査に於いて2017年に激震が走りました

もともと消費者金融よりも低金利寄りで設定されている銀行カードローンなので審査は厳しい目なのですが、2017年にその銀行カードローンの審査について激震が走りました。

金融庁の調査により、総量規制によって右肩下がりで減少してきた自己破産者の数が、2016年・2017年と増加に転じてしまった為金融庁としても原因を探り、対策を取らねばならなくなったのです。

その原因は総量規制によって規制されている消費者金融などの貸金業者にあるわけではなく、総量規制後に台頭してきた銀行カードローンにあったのです。その貸付残高はかつて一世を風靡した貸金業者のなんと倍ほどにも膨れ上がっていました。

 

特に複数の貸金業者の借入を銀行カードローンでまとめた後、銀行からの借入は総量規制の範囲に含まれない為、再度貸金業者からの借入が可能になるという抜け穴が問題視されました。


その他にも、

 

  • 与信のない専業主婦に貸すのはいかがなものか?
  • 申込めばすぐ借りれる印象のある即日融資はいかがなものか?
  • 現状の銀行カードローンの審査基準はいかがなものか?

などの原因が判明していき、金融庁と全銀連で対策を練る事となりました。その結果、

 

  • 専業主婦の申込を自主規制で中止
  • おまとめローン・借り換え用途の利用者の申込を中止
  • 審査基準の引き上げ

以上のように、総量規制で貸金業者が失った顧客を奪ってきた銀行カドローンのメリットのほとんどが奪われてしまった結果になりました。中でも2018年1月から開始された申込者の『反社会勢力』かどうか否かの審査を義務付けられた事により、

 

完全に全ての銀行カードローンで即日融資不可能になってしまった


事が一番大きな反響を呼びました。これで銀行カードローンは貸金業者より少し金利が低い事以外の全てのメリットを失ってしまいました。これによりもともと消費者金融のカードローンで総量規制対象外という利点の為に新生銀行ノカードローンとなったレイクも、この立ち位置諦めてレイクALSAとして貸金業者のカードローンとして戻ったくらいの衝撃です。

プロミスは自社審査で自動与信システムを持っている

以上のことにより、銀行カードローンの審査基準は更に上がり、中途半端な状態では審査に落とされるケースというのが非常に多くなっています。落とされるというのは立場的に厳しいものがありますし、何度も申し込みが出来ない状態を作ってしまいます。なぜ銀行の審査が厳しいかと言うと、

 

低金利を提供する代わりに少しでも貸し倒れリスクをなくす為に厳しくなる


のです。それを避ける方法として利用するのがプロミスです。プロミスは銀行のカードローンと違い、しっかり与信をみてなるべく貸せる方向に持っていってくれるのです。なぜそれができるのかと言うと、

 

個人貸金業の歴史が古く与信データを蓄積している


からです。その証拠に銀行のカードローンの保証会社をしており審査を代行しています。また審査のスピードが非常に早く、30分もあれば審査完了の連絡を受けることができます。

そのため急いでいる人には利用しやすい会社ということが言えます。勿論審査を受けるためには一定のラインを超えていなければならず、そのラインを超えていないようなら審査に落とされるので気をつけてください。

パートやアルバイトの審査ではどうか?

銀行カードローンの審査基準が上がった事は前述の通りですが、パートやアルバイトのような収入の少ない方の審査はどうでしょうか?

 

これについては申込事態は不可にはなっていないものの、審査に関してはかなり厳しいということが編集部調査で実証済みです。


編集部ではカードローンの調査サイトをいくつも持っていいて、そこから申込まれた方の審査通過率をある一部の銀行カードローンからいた大でいますが、2017年末から2018年はじめに掛けて、審査通過率が激減しています。

中でもパート・アルバイト系のサイトや借り換え・おまとめローン系のサイトからの審査通過率の激減が著しいのです。

 

ですのでパートやアルバイトの方は、即日融資も不可能で審査も通過率の低い銀行カードローンよりも大手消費者金融がベストです。


大手消費者金融ならパートやアルバイトの方でも安定収入があれば利用できるので、収入のラインがそこまで高くないことは知っておくといいでしょう。しかしもちろん収入が低い分借り入れる額はそう多くはありません。多くても総量規制範囲内の年収の1/3までです。

後は仕事をしっかりしていて、なお且つ借金を持っていなければ問題なく審査はクリアできます。借金をたくさん抱えている場合、収入が多くても審査に落とされるので注意してください。

審査自体は仮審査と本審査に分けられており、仮審査に通ったけど本審査で落ちたということもあります。これは在籍確認ができなかったり、虚偽の記載だと判断された場合に取られることです。基本的に確認まで行って落とされるケースは少ないですが、稀にそうしたこともあるので気をつけてください。ただプロミスの審査はしっかり与信を見てくれるはずです。

この記事にあった銀行カードローンの規制の確認は⇒全国銀行協会

プロミスの利率をメジャーなカードローンと比較する

プロミスといえば消費者金融のカードローンということで『金利が高いんじゃないかなぁ』と敬遠してしまう方もいるかもしれませんが、プロミスの利率を他社と比較すれば一発で違いが分かります。

カードローン名 金利(実質年率) 最高借入可能額
プロミス 年4.5%~17.8% 最高500万円
アコム 実質年率3.0%~18.0% 最高800万円
SMBCモビット 実質年率3.0%~18.0% 最高800万円
三菱UFJ銀行カードローン 年利1.8~14.6% 500万円
Mr.カードローン【住信SBIネット銀行】 年利0.99~7.99% 1,200万円

一見銀行カードローンの方が利率が低いように見えますが、これは最高借入可能額が高ければ高いほど最低金利が低くなる為です。実際は何百万と最初から借りる方は複数借り入れている方以外はいませんし、それだけの借入枠が出るには総量規制の関係でかなりの年収が必要になってきます。

目に付く人気の三菱UFJ銀行カードローンとプロミスで15万円を借りて5万円ずつ返済した場合の利息を計算してみると、

1ヶ月目の利息(残高15万円) 2ヶ月目の利息(残高10万円) 3ヶ月目の利息(残高5万円)
プロミス 0(初回30日無利息サービス利用時) およそ1,463円 およそ732円
三菱UFJ銀行カードローン およそ1,800円 およそ1,200円 およそ600円

プロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録で初回30日無利息サービスが利用できるので最初の利息がゼロになり合計利息は、

プロミス 三菱UFJ銀行カードローン
およそ2,195円 およそ3,600円

と利息も低い上に、審査スピードも早く、三井住友銀行カードローン他の銀行カードローンの保証会社もしているので審査能力も抜群です。

プロミスに申込んで即日融資を受けた方の体験談

プロミスのフリーキャッシングに申込んで知識を深めました

 

消費者金融会社のプロミスでは、お金が必要なときに契約していることで、キャッシングすることができます。そのキャッシングができる中に、フリーキャッシングというサービスがあります。このフリーキャッシングの特徴は、利用限度額以内であれば、何度でも借り入れができるところです。利用限度額は500万円までで、契約の手続きをするときに利用限度額は決定します。その他の特徴としては、利息が日数計算しているところです。例えばキャッシングをした翌日に返済すれば、

1日分の利息支払いをして、10日後に返済した場合は、10日分の利息支払いをするというシステムです。このため数日間の利用するときは、お得なシステムになります。後は、申し込みをするのが簡単にできるところです。パソコンやスマートフォンや携帯を持っていれば、24時間いつでも申し込むことができます。また申し込みをするときは、印鑑や保証人などは不要で、本人確認書類のみです。

本人確認書類は運転免許証のことで、持っていない場合は健康保険証+住民票など1点やパスポートで代用できます。後は借り入れ金額が50万円を超える場合、他社との借り入れ金額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類が必要になります。

収入証明書類は源泉徴収票や給与明細書などのことで、いずれかの最新のものを用意します。これらを準備することで、その場で審査をして、その場でキャッシングを開始することができます。申し込み対象は、安定した収入となっています。


ネットから申し込んでプロミスで即日融資を受けました

 

すぐにお金が必要になってしまった場合、まずしなければいけないのはお金を借りる会社を決めることです。プロミスを利用してお金を借りる場合は申込みをしなければなりませんが、ネットから申し込みが出来るのでそこまで苦労することはありません。申込み自体はパソコンだけでなくスマホでも可能となっているので、外出先でも申込みが簡単にできます。

その上で審査を受けることとなります。明らかに収入が足りない場合は審査に落とされますが、私の場合は他社借入もないですし、借入希望額も低かったのですんなり審査には通りました。この後でどのような方法を取るかが重要となってきます。

即日融資を受ける場合は振込を行うということになりますので、指定の時間までに審査が完了していなければなりません。振込融資は平日14時までに契約を完了しないとできない為、それよりも遅い場合は振込による即日融資を受けられません。

こうした状態の場合は自動契約機を利用してカードを発行する方法で行ってください。カードを発行する方法なら自動契約機が稼働している間なら何時でも発行できますし、その場でATMを利用してお金を借りることができます。

夕方以降にどうしても必要だと思っている場合は自動契約機を利用してカードを作ることを考え、振込は午前中に審査が終わっている場合に利用すると考えればいいのです。なお申込みをする際はネット明細の申込みも併せて行ってください。

初めての私はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録で無利息期間が適応され、少しだけ利息の発生を抑えることができました。こうして出来る限り支払うものも減らしていくことが大切であり、初めて利用する場合は絶対登録を行ってください。

基本的には即日融資で振り込みの方がいいかもしれませんが、遅くなっているならカードの発行で対応してください。なおこの場合はオペレーターに伝えておかないと、その日にカードが発行されないことがあるので注意してください。